Stoff!

仕事に着て行けるブラウスを手縫いで作るのが目標です

欲しい本

思っていることそのままが この本のタイトル

私にぴったりな、ブラウス、スカート、パンツのパターンがあれば…

私にぴったりな、ブラウス、スカート、パンツのパターンがあれば…

 

この本を企画した出版社の人、服を作りたい人の気持ちがわかってる。

 

でもすでに絶版。

 

まぁ、10年以上も前の本だから仕方ないか。

 

 

洋裁の本を見ていて思ったこと。

 

たとえば、洋裁の本に載っている服があったとして、それって何枚ぐらい作られるんだろう?

 

昨今、洋裁する人って超少数派だよね。

 

周りの趣味を見ても、ヨガとかランニングとか体動かす系の趣味がメイン。次が楽器系。

 

お家でできて、裁断する日以外はそんなに散らからないし、DVDとかチラ見しながらできるからオススメなのにな。手縫い。

 

洋裁が趣味としてもっと広まればいいのに。始めたばっかりだけど。

 

シャツ1号の目標

シャツ1号の目標は、

 

体型に合ったパターンを模索すること。出来上がりの美しさは問わない。

 

です。

 

なので、

 

変なところで生地がついであっても気にしないのです。

出来上がり線通りに縫えていれば、縫い目がバラバラで歪んでいても気にしないのです。

 

一応、シャツ2号の目標も決まっていて、

近所のスーパーに買い物に着ていける程度の出来上がり。

 

 

願わくはシャツ3号は仕事着になるといいなぁ。

 

そういう意味では今縫っているシャツは部屋着、スーパー着?には最適なんだけど、仕事着には少々ゆったりしすぎかなぁ。

 

袖の長さ

袖ぐりは袋縫いしてみるつもりだったのですが、袋縫いするなら、出来上がり線は表に描かないといけないことに身ごろも脇も縫ってしまってから気が付きました。

 

今から型紙あててチャコで出来上がり線を描くのは、

  1. 作業しにくい。
  2. めんどい
  3. べつに折り伏せ縫いでいいじゃん

ということで、却下。

 

縫い代を始末する前に試着して鏡でチェック。

  • 袖はもう5cmぐらい長いほうが好み
  • 袖口はすぼまっていたほうが好き

これらは自分でも直せそうなので、やってみることにしました。

 

カフスを折り返さないで、伸ばすことで袖の長さを伸ばしてみます。

 

そして、伸ばしたもともとのカフスに新たにカフスを追加することにしました。

新たなカフスの大きさは、25cm x 3cm (折り返すので、1.5cm巾のカフスになるはず)にしました。これならアキがなくても手が通ります。

 

周りに1cmの縫い代をつけてカット

 

もともとのカフスの先をしつけでギャザーにして新たなカフスを縫い付ければいいはず。

 

問題はもともとのカフスの袖底の縫い代を7mmに切ってしまったこと。折り伏せ縫いできない。うーーん。ブランケットステッチでもしてごまかすかな。

 

 

 

裁縫箱の断捨離

裁縫を始めたことはいいきっかけなので、裁縫箱からいらないものを捨てることにしました。

f:id:ryugakunikki:20180717220102j:plain

 

頭の大きいマチ針とやたらに長い縫い針を捨てることにします。

 

頭の大きいマチ針は頭が重いからかすぐに抜けてしまい、気が付かないうちに床に落ちていたりして危ない。

 

長い縫い針は使いみちがわかりません。座布団でも縫わない限りいらないと思う。

台衿が高すぎる

衿を組み立てて身ごろにつけてみました。

 

 

首が太くて短いので、台衿が高すぎて頭に衿があたる。

 

着心地よくない。

 

ヘビロテしているシャツの襟はの台衿は後ろ中心で2.7cmから2.2cm。

 

今回の縫っているシャツはなんと4.1cm!!!

 

上衿も短い首には大きすぎて、バランスが悪く見える。

 

ただ、あまり衿を小さくすると前の切り込みの見返しの部分とデザイン的にバランスが悪くなるような気もする。

 

台衿と上衿を1cmずつ削るのがいいんじゃないかと思うけど、

 

さてどうやって。

 

 この本とか見ればわかるのかな?

工夫された衿・衿ぐりの縫い方 (合理的なテクニックを写真で学ぶ)

工夫された衿・衿ぐりの縫い方 (合理的なテクニックを写真で学ぶ)

 

 

 

 

 

 

 

芯地やりなおし

一晩よく考えて芯地の貼りなおすことにしました。

 

出来上がりサイズで芯地を貼ったのですが、

 

そうすると台衿と上衿のあいだに微妙に隙間ができて、そこでポキッて衿が折れるんじゃないかと思うのです。

クルって感じにカーブにならないんじゃないかと思うんです。

 

なので、上衿の下側の縫い代(台襟とくっつくところ)をつけて芯地を裁断して貼り直し。

 

これが吉とでるか凶とでるか。

 

 

 

 

すでにずれている

f:id:ryugakunikki:20180715110814j:plain

 

 

型紙を使って表地に出来上がり線をチャコペンで描いて、

 

同じ型紙を使って芯地を切って

 

アイロンでくっつけたら表地の出来上がり線と芯地がすでに1-2mmずれている。

 

どういうことですか?